固定残業代制における残業代の基本的な考え方

固定残業代制は残業時間を固定しその時間以上残業を行ってもその残業代を支払ってもらえないと考えている人が少なくありませんが、法律ではさらに複雑な規定がされており、場合によっては残業代を請求することができるケースもあるので知っておくと便利です。

一般的に固定残業代制は月にあらかじめ決められた残業代を毎月の給料の中に報酬として含み、この時間を超えて残業を行った場合であっても、その分の賃金は支払われない仕組みになっているケースがほとんどですが、法律ではその賃金は働いた時間を時間給で割った場合に相当する賃金分が含まれていなければならず、万が一その働いた時間に対する賃金が含まれていない場合には別途請求できることになっています。

固定残業代制は法律上は認められておらず、一切には予測される残業時間をあらかじめ設定し、これに対して報酬を肯定的に決定することで様々な煩雑な手続きをなくすとともに人件費の固定化を図る手段として用いられるのが主な目的です。また労働基準法に違反しないようにあらかじめ法律で規定される最低賃金で計算した場合の残業時間について余裕を持って設定されているケースがほとんどです。

そのため多くの場合には多少の残業時間の超過についてはその賃金はこの範囲におさまってしまう事になります。しかし残業時間が非常に大きく固定残業代制で規定される報酬を最低賃金で計算し直しても足りない部分についてはその根拠を示して会社側に請求した場合、未払いの部分については会社はこれを支払わなければなりません。そのため固定残業代制であっても残業時間が大幅に超過した場合にはこれに対する残業代を請求することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です