固定残業代制と残業代

残業をすれば残業代が出るのが当然ですが、実は固定残業代制という制度があります。

これは法律上認められた制度ですので、自分の仕事、職場がこれに当てはまっている場合には、残業時間に比例する形では残業代が支払われないことがあります。未払いではないかなどと勘ぐる前に、自分に適用されている制度のことをしっかりと把握しておくようにしましょう。

固定残業代制というのは、予め残業時間とその時間に応じた時間外手当とを決めておく制度です。例えば1ヵ月に20時間分の時間外手当として5万円を月給に含めるなどというように取り決めておくわけです。この制度の適用対象になっている場合、1ヵ月に20時間までの残業であればその分の手当ては予め月給に含まれているわけですから別途残業代が出るわけではありません。

残業をしたのに月給が全く変わっていない、未払いではないかというのは早とちりということになります。ただし固定残業代制の場合でも、この例で言えば20時間を超えて残業をしたのであれば超えた分の時間外手当は別途支払われる必要があります。また、たとえある月に残業時間が20時間未満であったとしても、手当ての5万円を減額することは認められません。

その意味では働く人にとって有利にこそなれ、不利になることはない制度なのです。また、その人の時間給をもとに計算した場合に、時間外手当て部分については最低でも25%増しになっている必要があります。

固定残業制の残業代についてはこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です