未払い残業代請求の手順

未払い残業代があるのなら、会社にきちんと支払うように請求するのは労働者の正当な権利です。

家族的な会社であり、会社の台所事情が苦しいことがわかっていて、あえてサービス残業を黙認しているという人もいることでしょうが、そういうことでなければ請求すべきものはきちんと請求すべきです。ではどのような手順を踏んで請求すれば良いのでしょうか。

まず基本は直接会社側に未払い残業代を請求してみましょう。これが最も簡単で解決が早い方法です。残業代の未払いは社会的な問題になっているご時世ですから、何らかの行動をとってくれる可能性はあります。しかし期待していたような答えが見られないようだったら、労働基準監督署に申告することも可能です。

未払い残業代は労働問題の中でも大きな問題となっているので、きちんとした未払いの証拠があれば労働基準監督署も動いてくれるはずです。費用は無料で、正確な残業代の算出も労働基準監督署が行ってくれます。未払い残業代問題で利用者が多いのが、「労働審判」と呼ばれるものです。これは通常の訴訟よりも、労働問題を迅速に解決させるための法的な方法です。

裁判に比べると少し控えめながらも、きちんとした法的効力があります。出された結果に対してはたいていの会社が従うようです。それでもだめであれば最後は裁判となります。なお、注意点としては未払い残業代請求の時効は2年であることです。

つまり、2年を過ぎてしまうと請求を行うことができなくなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です