未払い残業代を取り戻す方法と頼れる弁護士

未払い残業代があるなら、使用者に対して請求をしましょう。

労働基準法では賃金の請求権は消滅時効が2年に定められているので、2年以内であれば遡って請求することができます。使用者に請求しなければタダ働きになりますし、請求することは労働者の権利です。

勤めている会社などに請求するのは気が引けるかもしれませんが、正当な権利なので躊躇わずに請求しましょう。使用者に対する未払い残業代の請求には、直接交渉・労働基準監督署への申告・裁判・労働審判などの方法があります。

直接使用者と交渉する方法は、早期解決可能ですし自分で行うこともできます。ただし使用者に法令遵守の精神がかけている場合や、譲歩できない場合は交渉が長引く可能性が高いです。また在籍したまま使用者と交渉するのは、やりづらく感じることもあります。

匿名で交渉したい場合には、別の方法を選ぶと良いでしょう。労働基準監督署への申告は匿名で行うことができて、使用者との間で軋轢を生む原因にはなりにくいです。ただし未払い残業代があると客観的な証拠がない場合は、労働基準監督署は指導や勧告はできません。

また匿名で行うと不利になるケースも多く、未払い残業代を手に入れることがないケースもあります。使用者と直接交渉したり労働基準監督署に申告する場合は、弁護士など法律の専門家に相談すると良いでしょう。法律の専門家である弁護士なら、未払い残業代を取り戻す強力なサポートをしてくれます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です