未払い残業代は弁護士に依頼をすると戻ってくる?

未払い残業代は、弁護士に依頼をすると戻ってくる可能性があります。

労働基準法では、残業代を払わないという行為は違法とされています。そのため、労働基準監督署に相談をすることも可能です。しかし、未払い残業代は100%戻ってくるということは言えません。
なぜなら、本当に残業をしたという証拠が必要になるからです。未払い残業代の裁判では、タイムカードなどの証拠が必要になります。タイムカードが絶対に必要というわけではなく、残業をしたのにその分の給料が支払われなかったということが証明できるものがなにか必要になるということです。素人ではどのようなものが証拠となるのかという判断はつきにくいので、弁護士に依頼をするのが一番でしょう。
早い段階から弁護士に相談だけでもしておくと、証拠集めなどがしやすくなると思われます。絶対にお金が戻ってくるとは言えませんが、本当に残業をしていて、なにか証明できるものがあるなら、弁護士に依頼をすることで戻ってくる可能性が高いでしょう。
必ずしも裁判になるわけではなく、会社が自主的に支払いをしてくれることもあります。基本的には100%の残業代が支払われますが、証拠が揃っていないケースなどでは悪い条件での示談になる可能性もあります。
いずれにしても、早い段階で相談をしてみましょう。相談だけならば無料で受け付けている法律事務所も増えています。正式に依頼をした場合にはそれなりに高額な報酬がかかるので、メリットをしっかりと確認した上で契約を結びましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です