未払い残業代問題は専門の弁護士へ

未払い残業代の悩みは、そのまま放置していても解決されることはありません。

むしろ、時間の経過と共に解決が困難になります。労働債権は時効が2年間なので、それを過ぎてしまえば請求することができなくなってしまいます。そこで、未払い残業代の請求は早めに行う必要があります。未払い残業代を請求するなら、弁護士に任せるのが確実です。発生しているかどうかわからない場合も、相談したほうが良いです。
特に、労働問題を専門的に扱っている弁護士であれば、請求をするための交渉ノウハウを持ち合わせているため、自分で請求をするのに比べてスムーズに解決しやすくなります。また、色々な請求のための手段が考えられますが、専門としている弁護士であれば、その中でどの手段を用いるべきなのかを考えることができますので、これもスムーズに解決が期待できるゆえんです。
依頼する弁護士を選ぶ際には、自分が信頼できそうだというところを選んでください。大体はホームページがありますので、そこで実績や扱っている分野などの情報を見ることができますから、信用できるのかを判断することは容易です。また、金銭的にお金を用意するのが難しいというならば、相談料が無料で、仕事を依頼する場合も着手金を無料で仕事をしてくれるところもありますから、利用を検討すると良いでしょう。
この場合は、成功報酬のみでよく、残業代が支払われた際に、そこから支払えばよいため、あとで払えないということにもならないです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です