未払い残業代の請求を弁護士に依頼するメリット

最近では人件費を削減しようと様々な勤務体系を導入する企業が非常に増えています。

みなし残業制や固定残業制もその一つで、一定時間以上の残業は認めない代わりにあらかじめ決められた残業代は支給すると言う形が多く、また業務内容についても決められた残業時間の範囲内で完了すると言う前提のもとで施行されているものが多いのですが、十戒は多くの人が決められた残業時間以上に残業を行っている場合が多く、またこの時間に対する残業代が支払われていないことが多いものです。
このような未払い残業代の請求については弁護士に相談することが非常に良い方法です。基本的に未払い残業代が発生している場合、企業側としては正規の契約に基づいて決められた賃金を支払っていると主張することが多く、これがみなし残業制や固定残業制の契約に基づくものであると主張することが多いのですが、残業代に対して取り決められている労働基準法によれば、基本的に特別な立場の社員以外は行った残業についてこれに対する対価を請求する権利があると認められています。
しかし一般的に企業側はこれらの契約を根拠に残業代を支払わないケースが多いため、法律的な根拠をしっかりと揃えて提示し、企業側の主張が法律的に誤りであると立証することが必要になるのです。そのため、法律に詳しい弁護士などに相談し、行った残業時間と実際に支払われた賃金との乖離をしっかりと証明することが重要になります。
このような作業は法律の専門家である弁護士が行わないとなかなか会社側を説得することができません。そのため、未払い残業代を請求する際には弁護士に相談ししっかりとした根拠を持って請求することが重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です