未払い残業代の請求は弁護士に相談しよう

未払い残業代は、被雇用者側に請求する権利があります。

雇用契約によって定められたら内容に従って、本来なら支払われるべき残業代が支払われていないからです。未払い残業代があれば、まずは雇用主に対して請求をしましょう。この時、証拠を用意しておくと、相手も言い逃れをしにくくなるため、用意しておきましょう。例えば、タイムカードの記録や実際の給与明細は、それを照らし合わせれば払われていないことが明確になるため、用意しておく必要があります。これで対応をしてもらうことができなければ、弁護士に相談したほうが良いです。
間に弁護士が入れば、雇用主も言い逃れしにくくなりますから、正当な主張に応じざるを得なくなります。もちろん、ここでも支払われないようなら、訴訟に訴えることになります。訴訟では、裁判所が判決という形で未払い残業代の請求に理由があると判断すれば、認容判決を下します。
こうなると、債務名義が取得できますので、強制執行も可能になります。その他にも、労働基準監督署に相談して対応をしてもらう方法もあります。いずれにしろ、法律的な知識がない人にとってはこれは大変ですから、弁護士にまずは相談をして、対応方法を検討してもらうのが無難です。弁護士の中でも、労働法分野を得意としている方なら、適切な助言をしてくれますし、代理人となる場合でもしっかりと対応してもらうため、選ぶならば専門の方を選んで相談することをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です