未払い残業代について弁護士に相談するメリット

未払い残業代について弁護士に相談するメリットは、どのような対応をすればよいのかを的確にアドバイスしてもらえることです。

法律の知識がないと、そもそもどのくらい請求できるのか、未払い残業代は発生しているのか、といったことがわかりません。しかし、弁護士ならば、未払い残業代が具体的にどの程度請求できるのかわかりますし、実績のある弁護士ならば過去に同種の事例をたくさん扱ってきているので、交渉の仕方や対応手順などを知っていますので、確実に支払ってもらえる方法を知っていますから、相談することで、トラブル解決に役立ちます。
交渉の代理をお願いすれば、自分で交渉をする場合よりも対応してもらいやすくもなるでしょう。法律の専門家に対して適当な行動をとることは無理ですから、根拠を示されれば応じざるを得なくなります。仮に応じなければ、その後に裁判で訴えるなどの行動をとることになりますが、初めから任せておけば、それも視野に入れた交渉をしてくれますので、あとあと有利になってきます。気になる点は費用ですが、未払い残業代を取り扱う弁護士の中には、相談料や着手金を無料としているところもあります。
これならば、費用のことは心配しなくても良いです。成功報酬も、未払い残業代を支払ってもらえれば、そこから支払えばよいので、実質的な出費がなく、請求できます。もちろん、その分戻ってくるお金が減るわけですが、そもそも自分でやるより効率的に早く解決できるのが利点です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です