未払い残業代請求は弁護士に相談しよう

近年は人件費を削減しようと様々な勤務体系を実施する企業が増えており、中には本来の残業代を支払わない企業も増える傾向にあります。

固定残業制やみなし残業制などの場合には一定時間以上の残業は認められず、その分の残業代が支給されないことが多くなっており、多くの従業員が事実上のただ働きをしていることも少なくありません。
しかし法律では基本的に残業代は相応に支給されなければならないことが定められており、これが支給されない場合には未払い残業代として請求することが可能になります。しかし、多くの企業は法律的に契約を行い正当に固定残業制やみなし残業制を実施している場合も多く、単純に請求しただけではこの法律を盾に支払ってもらえないケースも少なくありません。
そのためこのような場合には弁護士に相談し請求する権利を正当に視聴することが大切です。一般的に未払い残業代を請求する場合には、残業時間が本来の賃金に対して大幅に超過していることを証明する必要があります。
しかし、多くの企業は勤務実績を改ざんしていることも多く、さらには固定残業制みなし残業制の場合勤務実績を管理していないことも多いのです。このような場合弁護士は客観的な勤務実績を調査し、その根拠を正当なものとして証明してくれます。
また、会社の勤務実態を調査し法律に照らして対応してくれることが多いので、会社側の様々な対応に対して法律的にこれを覆すことが可能となることが多いのです。自分で未払い残業代を請求するのは非常に難しいものです。
しかし弁護士に相談することで客観的な証拠を法律的な根拠を以て証明することができるので、未払い残業代を請求する際には弁護士に相談することが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です