残業代の出ない管理監督者とは

「課長以上は管理職だから残業代は出ない」皆さんは会社でこのような決まりを耳にしたことがありませんか?

労働基準法では、労働者が時間外労働をした場合、使用者はその労働者に対して、残業代を支払わなければならないと定められています。

しかしながら例外として、管理監督者の位についている労働者に対しては、この定めは適用されません。

しかしながら、管理職という肩書だけではこの規定に該当するかを判断することはできません。管理監督者とは、「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者」のことを指します。具体的な判断材料として次のような要素が挙げられます。

(1)経営方針の決定に参加する権限を持っているか
(2)労務管理上の指揮権限を持っているか
(3)自己の勤務時間について自由な裁量権を持っているか
(4)基本給や役職手当等においてふさわしい待遇を受けているかしかしながら、会社は管理監督者に対してであれば、時間管理を行う責任が全くないというわけではありません。

管理監督者にも深夜労働の規定は適用されるため、深夜労働をした場合は割増賃金を支払う必要があります。

深夜労働をしてイレギュラーな生活リズムをとり体調を崩すというようなことは、一般労働者と同様、避けなければならないのです。

実務上、管理職の役割を与えられている方も、「自分は管理職だから残業代は出ない」と決めつけず、労働基準法で定められている管理監督者の条件に該当しているかどうか、自身の裁量権や職務について今一度見直してみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です