管理監督者には残業代を支払わなくてもよいか?

管理監督者に残業代を支払わなくてもよいかどうかは、その人が本当の管理監督者であるかどうかにかかっています。

本当のという意味は。

労働基準法で言うところのということであり、具体的には、労働条件の決定その他の労務管理について経営者と一体的な立場にあるということになります。

つまり、名前だけの管理職は本来のもの違うということであり、本来の管理監督者であれば、労働時間、休憩、休日の定めの適用対象外ということですから、残業代は発生しないことになります。

ただ、注意しなければならないのは、深夜勤務については除外対象となっていないので、支払いが必要だという点です。

残業代を巡って訴訟などになった場合は、その人の仕事や勤務などを総合的に見て、管理職であるかどうかを判断しますが、
一般的には、重要な職務についていて相当の権限が付与されていること、出社や退社あるいは休みなどは原則として本人の裁量に任されており、
拘束を受けることがないこと、もちろん、そのための調整や連絡、仕事との関係配慮などを行うのは当たり前ですが、そして処遇面でその職務に相応しいものとなっており、一般社員とは一線が画されていることなどになります。

時折、マスコミなどで問題だとして取り上げられる事例は、管理監督者としての肩書を与えてはいるものの、勤務時間は制限がないくらい働きずめで、肩書に対応する手当はスズメの涙程度しかないというような場合です。

間違いなく、脱法行為的なやり方となるので、この場合は残業代を支払わなければならないケースになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です