歩合給制の場合の残業代の扱い

歩合給制の場合、成果によって賃金が設定される仕組みになっていることから、長時間残業をしてもその残業代を支払われないと考えている人が少なくありません。

基本的に歩合給制の場合には成果によってその報酬が判断されることから、
残業時間が多くても成果が上がらなければその分は報酬として反映されず、逆に残業時間が短くても成果が上がれば報酬が支払われる仕組みになっていると考えている人は多いものです。

しかし実際には、歩合給制は基本給と歩合給の2つの部分に分かれており、
この歩合給の部分の中には残業時間に対する残業代を含まなければいけないことが定められています。

また、法定労働時間を超えて残業を行った場合には割増賃金を支払うなければならないことになっています。

そのため、成果が少なく歩合給の金額が低い場合には、歩合給を作業時間に対する残業代に換算して計算し、
この金額が定められた金額に満たない場合には割増賃金の部分を請求できることになっています。

そのため日ごろから自分の勤務実績をチェックしておくことが大切です。

歩合給制の場合には残業代は全く支払われないと考えている人が多いのですが、著しく深夜残業や徹夜等が多い場合には支払われる可能性があるので注意が必要です。

また場合によっては、歩合給制の契約を結ぶ際に一切の残業手当を支払わない旨記載されていることも少なくないのですが、これは法律的に無効となるので詳細は弁護士などの専門家に相談してから対応することが重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です