歩合給制の残業代の仕組みとは

歩合給制とは賃金制度のひとつです。これは出来高制と言われることからも分かる通り、売り上げや契約件数、その何パーセントかが賃金として支払われると言う仕組みです。

ですから売り上げが高ければ高いほど、あるいは契約件数が多ければ多いほど、その月の賃金は多くなりますし、逆も然りです。

歩合給制のメリットとしては、自分が出した結果がそのまま賃金につながると言う点が挙げられます。また事業所などにより違いがあることも多いですが、基本的には労働時間が自由である、個人の裁量に任せられていると言うのも歩合給制ならではだと言えます。

つまり極端な話、それほど長時間、働かなくても、結果さえ出すことができればそれに応じた、まとった額の給与を得ることも可能だと言うことです。ただしこのように書くと、結果を出すために長時間、働いたとしても残業代は支払われないのでは、と思う人もいるかもしれません。しかし賃金制度の違いによって残業代が支払われないとなると、これは働く人にとっては不平等になることも考えられます。

自分が働く会社の賃金制度と言うのは、従業員にとっては選択の余地がないことだからです。ですから実際には歩合給制であったとしても、法定労働時間を超えて働いた場合には、その部分についての割増額、すなわち残業代などが支払われなければならないと言うことが法律で定められています。ちなみにこの法定労働時間を超えて働くと言うのは、残業は勿論ですが、休日労働や深夜労働も含まれています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です