歩合給制でも残業代請求はできる

現代の日本では給料体系はさまざまです。年功序列の終身雇用というひと昔前の給料体系・雇用体系は崩れています。

そんな中で多くの企業が導入しているのが歩合給制です。

成果主義に近い考え方であり、成果を出した分給料を多くもらえます。そこで気になるのが歩合給制での残業代についてです。だから今回は、歩合給制の残業代請求について紹介しています。歩合給制でも残業代を請求することはできます。

企業側としては歩合制であることから、時間外割増賃金が歩合給に含まれていると主張することがあります。しかし、この主張は通らないのです。歩合給であったとしても、時間外での労働に対しては給料を払わないといけないことになっています。歩合制で残業代請求を考えているのなら弁護士に相談するのがおすすめです。弁護士に相談することで、残業した分の代金を計算してくれます。そして、弁護士を介入させることにより法的根拠を持って残業した分の給料を請求することができるのです。

さらに、会社が反論してきた場合に弁護士が法的に主張してくれるので安心して請求することができます。このように、弁護士に依頼するメリットがあるのです。歩合給制でも残業代を請求することはできます。

しかし、個人で請求するのは大変です。請求を成功させるためには弁護士に依頼するのがおすすめです。残業した分の代金を計算してくれて、会社の主張も論破してくれます。働いた分の給料はしっかりと請求するのがおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です