歩合給制において残業代はもらえるか

歩合給制は仕事の成果によって給料が変わることで、一般的には基本給のほかに売り上げに貢献した割合に対して支給される仕組みになっている制度です。

これが労働時間に関係なく売り上げに対して支給されるようになっているため、売り上げに貢献できなければ長時間働いても支給されない形になっています。

そのため時間にとらわれず成果を求める仕事に向いている働き方となります。

残業との大きな違いは、残業は働いた時間に対して支給されるもので、その成果については問われることはなく働いた時間に相当する賃金がしっかり支給されるのが特徴ですが、歩合給制の場合には長時間働いても成果が上がらなければ支給されない点が大きく異なります。逆に成果が上がる場合は労働時間が少なくても高い歩合給をもらうことができるのが特徴で逆に成果が上がる場合は労働時間が少なくても高い歩合給をもらうことができるのが特徴で、効率よく業務を行うことができる人ほど高い報酬をもらえる仕組みになっています。

歩合給制においては基本的に残業代が支給される事はありません。

しかし、すべての場合において残業代を支給されないと言うわけではなく、あらかじめ決められた労働の範囲外であったり、急な仕事の依頼で対応する場合などは残業代が支給される場合があります。

また、歩合給制の場合にはその範疇が労働者と会社との間で個別に契約されているので、その範囲を超えた場合は残業代が支給されるべきものとなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です