歩合給制の残業代は出るのか。

歩合給制と聞くと、それなりに高額をもらっているイメージが強いようで、そう考えている方も事実多いです。

しかし、実際のところはどうなのか。よく知らない方も多いはずです。 

そもそも、歩合給制とは、その働きに応じて給料を払う。という方式のもので、そのお店にいたからといって、拘束しているという意味での時給が付いたりせずに働いている制度のことです。

つまり、何時間拘束されたとしても、仕事がなければ給料はもらえないのです。 

そんな歩合給制ですが、残業代はつくのかどうかわからない方が多いです。店舗によりますが、歩合給制の場合は、残業をしてもしなくても、仕事をしたことに変わりはないので、歩合という形で給料が入ります。そもそも、固定給ではない場合が多いので、場合によっては残業代ととらえることもできますが、あまり期待をするのはナンセンスだといえます。

 そもそも、残業代とは、残って仕事をしていくというもので、時給が定まっていれば、それをオーバーした場合残業としてとらえることが出来ますが、歩合給制の場合、残業ととらえにくく、仕事の一貫として見られがちです。そもそもこのタイプの仕事は完全に実力主義の世界で、あまり細かい部分がありません。

仕事をもらったものがお金を得ることができるという、単純なものなのです。それゆえに、所得に非常に差の出やすいものだともいえます。 しかし、うまくすれば稼ぐことは可能です。いろいろと考えた上で、行ってみるのも一つの手だといえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です